ai明治FX HOME会社情報個人情報と規定リスクについてサイトマップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ドル/円、下げのメドは?

ドル/円は今朝方、先月23日以来の105円割れとなり104.56円まで安値を拡大しました。これまで底堅さを保っていたクロス円も一斉に値崩れを起こし、ユーロ/円が158円台へ急落しました。特にドル/円は節目の105円を大きく割り込み、2005年5月以来の安値水準まで切り下げており、下値リスクが一段と高まっています。ドル/円が下落を加速させた場合、まず下値のターゲットになるのが2005年5月安値104.20円で、ここが破られると昨年8月安値から引かれた下値支持線の103.50円まで狙われる可能性も。また21日移動平均線のかい離率を見ると昨年から今年初めにかけて4度起きたドル暴落局面では、かい離のピークが3.5~4.3%まで達していますが、本日14時時点の乖離率は2.2%とまだ下げ余地を残しているように見えます。今後ドル/円が105円手前で上値を抑えられると再び下攻めが再開する可能性があるため、下値の動きに一層警戒が必要になると思われます。
 
◆ドル/円チャート
かい離率チャート 日足チャート 今週の値動き
スポンサーサイト
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

バーナンキFRB議長のハト派的発言でドル/円が大幅続落105円台へ

◆昨日の概況
東京時間ドル/円は106円前半で底堅い値動きとなるも、日経が本邦鉱工業生産の下振れを受けて下落して始まり、クロス円は上値の重い展開に。そのなかで豪ドル/円は午前発表の民間設備投資指標の強い結果を受けて100.48円まで上昇、年初来高値をわずかに更新しました。午後に入って徐々に円買いの動きが強まり、ドル/円が106.20円前後へじり安となり、ユーロ/円も160.29円まで下値を拡大するも、夕方以降欧州勢が円売りで参入しドル/円が106.60円へ上値を切り上げ。クロス円の買い戻しも強まりユーロ/円が160.95円へ反発した他、一時99.62円まで下押ししていた豪ドル/円も100円台を回復しました。欧州株はいったん下げ渋るものの、米GDP発表前からダウ先物とも軟調な値動きとなり、ドル/円も株価につれて106円前後まで軟化。そして米第4四半期GDP改定値は予想をやや下回る結果となり、米新規失業保険申請件数も高い水準を示したことから市場でドル売りが殺到しドル/円が106円割れへ。前日の下院議会証言に続いてバーナンキFRB議長が上院で証言を行い、内容は前日の証言を踏襲する内容でしたが、質疑応答で「一部の銀行に破綻する可能性がある」「各国中銀が金融政策で協調するとは考えていない」と発言したことから、NY中盤ドル/円がさらに下押しして105.06円の同日安値をつけました。一方でクロス円はダウが100ドル安となるなか、下落は限定的でユーロ/円は160円台を維持、豪ドル/円も99円後半で底堅い値動きとなりました。
 
本日東京時間は朝方から強い円高に見舞われドル/円が104円台へ急落。クロス円にもドル安が波及しそれまで底堅い値動きとなっていたユーロ/円・豪ドル/円などが値崩れする展開に。ドル/円は104.59円まで下値を拡大し、ユーロ/円も158円台へ1円以上下落する状況となっています。3年半ぶりの安値水準へ下落したドル/円は、今後もドル安に歯止めがかからない場合、2005年5月安値の104.20円が次のターゲットに。中期的には昨年8月安値から引かれた下値支持線の通る103.50円まで狙われる可能性もあり、ドルの下値拡大に警戒したい。
 
ドル/円が104.59円を示現、3年半ぶりの安値水準へ!
ドル/円
30分足チャート
ユーロ/円
30分足チャート
豪ドル/円
30分足チャート
表示期間:2/27 17:30~2/29 09:00
 
◆前日の指標結果
指標・イベント 前回 予想 結果
【日】1月鉱工業生産(速報値) +1.4 -0.9% -2.0%
【独】2月失業者数
(単位:人)
-8.9万 -5.0万 -7.5万
【独】2月失業率 8.1% 8.0% 8.0%
【米】新規失業保険申請件数
(単位:件)
(35.4万) 35.0万 37.3万
【米】第4四半期個人消費 +2.0% +2.0% +1.9%
【米】第4四半期GDP +0.6% +0.8% +0.6%
【NZ】1月貿易収支
(単位:NZドル)
+0.33億 - -3.20億
【日】1月失業率 3.8% 3.9% 3.8%
【日】1月全国消費者物価指数(除生鮮)
(前年比)
+0.8% +0.9% +0.8%

 
◆本日予定の経済指標・イベント
ドル安が急速に強まるなか、米景況感の悪化でさらなるドル安進行も考えられるため、シカゴ購買部協会景況指数の下振れに警戒したい。景気分岐点の50を上回る水準を維持できるかがポイントになります。また前回の速報値で大幅な悪化を示したミシガン大学消費者信頼感指数が、確報値でどう修正されるかも注目されます。先日バーナンキFRB議長の議会証言でインフレ懸念が示されていたことから、インフレ指標の米PCEコアデフレーターも市場で材料視されると見られます。
 
時間 指標・イベント 前回 予想
18:30 【英】1月マネーサプライM4(確報値) +12.9% -
19:00 【欧】1月失業率 7.2% 7.2%
19:00 【欧】1月消費者物価指数(速報値) +3.1% +3.2%
19:00 【欧】2月消費者信頼感 -12 -12
19:30 【英】2月GfK消費者信頼感指数 -13 -15
19:30 【スイス】2月KOF先行指数 1.70 1.60
22:30 【加】第4四半期経常収支
(単位:加ドル)
+10億 -2億
22:30 【加】11月鉱工業製品価格 +1.1% +0.8%
22:30 【米】1月個人所得 +0.5% +0.2%
22:30 【米】1月個人支出 +0.2% +0.2%
22:30 【米】1月PCEデフレーター +3.5% +3.5%
22:30 【米】1月PCEコアデフレーター +0.2% +0.3%
23:45 【米】2月シカゴ購買部協会景気指数 51.5 50.0
24:00 【米】2月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値) 69.6 70.0
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

米指標悪化とハト派的FRB議長発言にドル安進行も、利下げ期待から株価が持ち直しクロス円は底堅い値動き

◆昨日の概況
東京時間はユーロ/円・NZドル/円など対ドルで最高値をつけていた通貨が調整売りを受けて軟調に推移し、ユーロ/円は160.39円の高値後1円近く反落した他、強い住宅指標を受けて上伸していたNZドル/円も87円手前まで下落しました。ドル/円は107円前半でもみ合う展開が続き、日経を始め大幅高となったアジア株の影響も特に見られず。夕方に入ると米景気後退観測を材料にユーロが再び対ドルで最高値をつける動きとなり、ドル売り優勢のなかでドル/円が107円割れへ。その後ドル/円はストップロスをつけて急速に下げ足を速め、106円前半へ下げ幅を拡大。一時はユーロ/ドルの上昇で160.96円まで戻していたユーロ/円もドル/円につれて下落し、豪ドル/円も100円を割り込むなど他のクロス円にも円買いが波及しました。NY時間は米1月耐久財受注が自動車を除く指数ともに、前月比マイナスの市場予想をさらに下回る結果となったためドル売りが継続し、その後米1月新築住宅販売件数が予想を下回る結果を示すとドル/円が一時106円を割って105.94円を示現。しかし米下院で証言を行ったバーナンキFRB議長が「景気の下振れリスクを避けるため、必要な行動を適時とる」と発言すると、市場で追加利下げ期待が高まりダウが急伸、クロス円も株価上昇につれて反発へ。ユーロ/円が161円台へ急騰した他、豪ドル/円、スイスフラン/円がそれぞれ100円台を回復しました。ポンド/円も一時212円前後へ上振れしたものの、対ユーロで大幅安となった影響で引けにかけて210円台へ反落。一方ドル/円は一時106円を割り込むも下押しは続かず106.20-30円台へ戻してからは底堅い展開となりました。
 
ドル/円
30分足チャート
ユーロ/円
30分足チャート
豪ドル/円
30分足チャート
表示期間:2/26 17:00~2/28 08:30
 
【各通貨日足データ】2008-02-27(Wed)
 
          高値   安値   終値    前日比
 
ドル/円      107.38  105.94  106.47   -0.80
ユーロ/円     161.39  159.81  160.98   +0.35
ポンド/円     213.47  210.62  210.98   -2.15
豪ドル/円     100.39   99.53  100.23   +0.08
NZドル/円      87.76   86.57   86.85   -0.77
加ドル/円     109.48  108.03  108.58   -0.69
スイスフラン/円  100.20   99.36  100.11   +0.40
 
◆前日の指標結果
指標・イベント 前回 予想 結果
【NZ】1月住宅建設許可 -5.2% -- +3.3%
【独】1月輸入物価指数 -0.1% +0.3% +0.8%
【欧】1月マネーサプライM3
(前年比)
(11.6%) +11.3% +11.5%
【英】第4四半期GDP・個人消費(改定値) +0.6% +0.6% +0.6%
【米】1月耐久財受注 (+4.4%) -4.0% -5.3%
【米】1月耐久財受注(自動車除く) (+2.0%) -1.4% -1.6%
【米】1月新築住宅販売件数
(単位:件)
60.4万 60.0万 58.8万
【日】1月鉱工業生産(速報値) +1.4 -0.9% -2.0%

 
◆本日発表予定の指標・イベント
本日はNY時間の米GDP改定値が注目材料。先月の速報値ほどのインパクトはないですが、万一下方修正されるとドル安が強まる可能性も。ドル/円は2月7日以来の106円割れとなり下落リスクが強まっているため、再度下値を試す展開に注意したい。
 
時間 指標・イベント 前回 予想
17:55 【独】2月失業者数
(単位:人)
-8.9万 -5.0万
17:55 【独】2月失業率 8.1% 8.0%
22:30 【米】新規失業保険申請件数
(単位:件)
34.9万 35.0万
22:30 【米】第4四半期個人消費(改定値) +2.0% +2.0%
22:30 【米】第4四半期GDP(改定値) +0.6% +0.8%
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

ユーロ/ドルの史上最高値更新でユーロ/円続伸も、ドル/円は大幅利下げ観測を受けて107円前半へ下落

◆昨日の概況
東京時間はドル/円・クロス円とも前日の上昇が一服し、こう着気味の展開となりました。ユーロ/円は前日高値160.39円を越えられず午後にかけて軟調な値動きに。NZドル/円も午前に88.07円をつけるもその後反落、夕方には87.09円まで下値を拡大しました。また独2月Ifo景況指数が予想以上に悪化するとのウワサからユーロ/円が一時159.60円へ下落する場面がありましたが、同指数が結局予想を上回る結果を示したことからユーロの買い戻しが加速。ユーロ/円は160円台へ反発し、前日高値を越えて160円後半へ上昇しました。その他加ドルが対ドルで大幅続伸となったことから加ドル/円も堅調に推移し109円台を突破しています。NY入りに発表された米1月生産者物価指数は総合指数・コア指数ともに予想を大きく上回り、米国のインフレ懸念が強まったもののドル買いは限定的で、その後の米2月消費者信頼感指数が2003年イラク戦争時の低水準に落ち込むとドル/円が107.50円付近へ下落。NYダウは強い米PPIを嫌気して下落して始まるも、FRB副議長から「インフレより景気悪化のリスクが深刻」との発言で追加利下げ観測が強まるとその後100ドル高へ反発。逆にドル/円は利下げ観測が重石となり107.50円を割って107円手前まで下値を拡大しました。ただクロス円はダウの上昇に支援されて底堅い値動きとなり、ユーロ/円は朝方1.50ドル台へ史上最高値を更新したユーロ/ドルにつれ高となって161円台へ上昇しました。
 
ドル/円
30分足チャート
ユーロ/円
30分足チャート
豪ドル/円
30分足チャート
表示期間:2/25 17:00~2/27 08:30
 
【各通貨日足データ】2008-02-26(Tue)
 
          高値   安値   終値    前日比
 
ドル/円      108.13  107.17  107.27   -0.77
ユーロ/円     160.72  159.60  160.63   +0.39
ポンド/円     213.21  211.80  213.13   +0.60
豪ドル/円     100.41   99.71  100.15   +0.02
NZドル/円      88.07   87.09   87.62   -0.03
加ドル/円     109.61  108.01  109.27   +0.84
スイスフラン/円   99.81   98.83   99.71   +0.55
 
◆昨日の指標結果
指標・イベント 前回 予想 結果
【独】第4四半期GDP・個人消費(改定値) +0.3% +0.3% +0.3%
【独】2月Ifo景況指数 103.4 103.0 104.1
【米】1月生産者物価指数 (-0.3%) +0.3% +1.0%
【米】1月生産者物価コア指数 +0.2% +0.2% +0.4%
【米】12月ケースシラー住宅価格指数 -7.7% -9.8% -9.1%
【米】2月消費者信頼感指数 87.9 83.5 75.0
【米】第4四半期住宅価格指数 (-0.3%) -1.0% -1.3%
【米】2月リッチモンド連銀製造業指数 -8 -10 -5
【NZ】1月住宅建設許可 -5.2% - +3.3%

 
◆本日予定の経済指標・イベント
バーナンキFRB議長の下院議会証言が焦点ですが、米景気減速を受けて利下げ観測が強まるなかで米耐久財受注や新築住宅販売件数なども注目されます。また朝方ユーロ/ドルが史上最高値の1.50ドル台をつけておりユーロ/円の値動きが気になるところ。
 
日付 時間 指標・イベント 前回 予想
2/27
(水)
18:00 【欧】1月マネーサプライM3 +6.2% +6.3%
18:30 【英】第4四半期GDP・個人消費(改定値) +0.6% +0.6%
22:30 【米】1月耐久財受注 (+5.0%) -4.0%
22:30 【米】1月耐久財受注(自動車除く) (+2.3%) -1.4%
24:00 【米】1月新築住宅販売件数
(単位:件)
60.4万 60.0万
24:00 【米】バーナンキFRB議長下院議会証言 - -
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

今週2月25日週のテクニカルポイント

◆ドル/円
クロス円の上昇につれて108円台を回復も上値は重い印象。108.50円前後に並ぶ抵抗線を突破するのは容易ではなく、RSIも50%付近で横ばいであることから当面はレンジ相場が継続か。一方で下値も堅く、特に107円割れ水準が強い支持線になっている。

25日終値 108.04円

《 主な上値抵抗線(レジスタンス) 》

弱 109.20円(13週移動平均線)
中 109.00円(心理的節目の大台)
中 108.65円(114.65円→104.94円の38.2%戻し)
強 108.60円(2月14日高値、レンジ上限)
中 108.50円(ボリンジャーバンド上限)
弱 108.35円(先週高値)


《 主な下値支持線(サポートライン) 》

中 107.50円(心理的な節目)
中 107.20円(21日移動平均線)
強 106.80-107.00円(1月23日安値起点の上昇トレンドライン)
中 106.20円(ボリンジャーバンド下限)
中 106.00円(心理的節目の大台)
弱 105.89円(2月7日安値)


◆ユーロ/円
ユーロ/円は160円の大台へ特に強い抵抗を受けることなく乗せてきた。25日終値でボリンジャー上限に到達してきているため、短期的な調整に注意したい。これまで強い抵抗線になってきた159.50円が支持線として機能すれば160円台定着の可能性が強まりそうだ。RSIはまだ過熱感を示していないため157-158円を下値のメドとして押し目買い戦略が検討される。

25日終値 160.24円

《 主な上値抵抗線 》

中 161.50円(26週移動平均線)
中 161.00円(90日移動平均線、166.64円→152.09円の61.8%戻し)
中 160.30円(ボリンジャー上限)
弱 160.10円(13週移動平均線)
弱 160.00円(心理的節目の大台)


《 主な下値支持線 》

中 159.47円(1月30日高値)
中 159.40円(166.64円→152.09円の半値戻し)
中 158.00円(心理的節目の大台)
中 157.60円(166.64円→152.09円の38.2%戻し)
弱 157.30円(先週13日以降の安値)
中 157.80-158.00円(21日移動平均線)


◆豪ドル/円
豪ドル/円は昨年12月27日以来、約2ヶ月ぶりの100円乗せとなった。しかし昨年11月9日に急落して以来、100円前後が分厚い壁になっているため100円台で伸び悩むと急反落のリスクも出てきそうだ。またRSIが70%手前まで上昇しており、上昇ペースは鈍くなると考えられる。ただ101円を越えてくると11月9日急落前の105円まで抵抗線の少ないゾーンが続くため上値余地が拡大しそうだ。

25日終値 100.13円

《 主な上値抵抗線 》

強 101.00円(昨年高値→今年安値の61.8%戻し)
中 100.13円(昨年12月27日高値)


《 主な下値支持線 》

弱 100.00円(心理的節目の大台)
中 99.50円(先週高値圏)
中 98.90円(26週移動平均線)
強 98.00円(90日移動平均線)
中 97.30-98.00円(21日移動平均線)
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

リスク志向の動き強まり大幅に株高・円安が進行、ユーロ/円が160円台へ

◆昨日の概況
25日東京時間はドル/円が107.26円とほぼ先週終値付近で寄り付き、全体的に静かなスタートとなりました。日経が上げ幅を400円以上拡大するなか為替市場では小動きが続きましたが、午後になると豪ドル/円などオセアニア通貨が堅調な推移となり、夕方欧州株が堅調に始まると市場で一気に円売りが加速。ドル/円が107.50円を越えて上昇した他、ユーロ/円が先週高値を突破して159円後半へ。また高値水準で取引される原油相場などの影響で豪ドル/円が99円後半へ上値を拡大、加ドル/円も107円台へ上昇しました。円売り地合いが続くなかで米1月中古住宅販売件数は予想を上回る底堅い結果を示し、さらに格付け会社が金融保証会社(モノライン)大手MBIAを格下げしない方針を示したことからダウが急騰。為替市場でも円一段安となりユーロ/円が1月15日以来の160円に乗せ、豪ドル/円も100円を突破するなど相次いで大台乗せを果たしました。
 
ドル/円
30分足チャート
ユーロ/円
30分足チャート
豪ドル/円
30分足チャート
表示期間:2/23 01:30~2/26 08:00
 
【各通貨日足データ】2008-02-25(Mon)
 
          高値   安値   終値    前日比
 
ドル/円      108.21  107.22  108.04   +0.84
ユーロ/円     160.39  158.89  160.24   +1.25
ポンド/円     212.86  210.42  212.53   +1.67
豪ドル/円     100.21   98.87  100.13   +1.17
NZドル/円      87.72   86.43   87.65   +1.01
加ドル/円     108.62  105.84  108.43   +2.55
スイスフラン/円   99.43   98.53   99.16   +0.37
 
◆昨日の指標結果
指標・イベント 前回 予想 結果
【米】1月中古住宅販売件数
(単位:件)
(491万) 480万 489万
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

来週2月25日週の経済指標・イベント

◆来週の経済指標・イベント
来週は半年に一度開かれる米上下院でのFRB議長証言に注目が集まっており、その他の米指標に米耐久財受注や住宅関連指標、消費者信頼感指数、そして米生産者物価指数(PPI)やPCEコアデフレーターなどのインフレ指標があります。最近はモノラインなどサブプライム問題に対して市場の警戒感が徐々に緩和されてきていますが、一方で米国の景気後退観測が強まってきているため、一段のドル安・円高進行に注意する必要があります。今週かろうじて107円台を保ったドル/円の週明けの値動きに注目したい。
 
日付 時間 指標・イベント 前回 予想
2/25
(月)
16:00 【独】1月輸入物価指数 +3.7% +4.6%
24:00 【米】1月中古住宅販売件数
(単位:件)
489万 480万
2/26
(火)
16:00 【独】第4四半期GDP・個人消費(改定値) +0.3% +0.3%
18:00 【独】2月Ifo景況指数 103.4 103.0
22:30 【米】1月生産者物価指数 -0.1% +0.3%
22:30 【米】1月生産者物価コア指数 +0.2% +0.2%
23:00 【米】12月ケースシラー住宅価格指数
24:00 【米】2月消費者信頼感指数 87.9 83.5
24:00 【米】第4四半期住宅価格指数 -7.7% -
24:00 【米】2月リッチモンド連銀製造業指数 -8 -5
2/27
(水)
06:45 【NZ】1月住宅建設許可 -5.2% --
18:00 【欧】1月マネーサプライM3 +6.2% +6.3%
18:30 【英】第4四半期GDP・個人消費(改定値) +0.6% +0.6%
22:30 【米】1月耐久財受注 (+5.0%) -4.0%
22:30 【米】1月耐久財受注(自動車除く) (+2.3%) -1.4%
24:00 【米】1月新築住宅販売件数
(単位:件)
60.4万 60.0万
24:00 【米】バーナンキFRB議長下院議会証言 - -
2/28
(木)
08:50 【日】1月鉱工業生産(速報値) +1.4 -0.9%
17:55 【独】2月失業者数
(単位:人)
-8.9万 -5.0万
17:55 【独】2月失業率 8.1% 8.0%
22:30 【米】新規失業保険申請件数
(単位:件)
34.9万 35.0万
22:30 【米】第4四半期GDP・個人消費(改定値) +0.6% +0.8%
2/29
(金)
07:45 【NZ】1月貿易収支
(単位:NZドル)
-0.33億 -
08:30 【日】1月失業率 3.8% 3.9%
08:30 【日】1月全国消費者物価指数
(前年比)
+0.7% +0.6%
18:30 【英】1月マネーサプライM4(確報値) +12.9% -
19:00 【欧】1月失業率 7.2% 7.2%
19:00 【欧】1月消費者物価指数(速報値) +3.1% +3.2%
19:00 【欧】2月消費者信頼感 -12 -12
19:30 【英】2月GfK消費者信頼感指数 -13 -15
19:30 【スイス】2月KOF先行指数 1.70 1.60
22:30 【加】第4四半期経常収支
(単位:加ドル)
+10億 -2億
22:30 【加】11月鉱工業製品価格 +1.1% +0.8%
22:30 【米】1月個人所得 +0.5% +0.2%
22:30 【米】1月個人支出 +0.2% +0.2%
22:30 【米】1月PCEデフレーター +3.5% +3.5%
22:30 【米】1月PCEコアデフレーター +0.2% +0.2%
23:45 【米】2月シカゴ購買部協会景気指数 51.5 50.0
24:00 【米】2月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値) 69.6 70.0
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

ドル/円107円割れとなるも、NY終盤ダウの急反発を受けて107円台で引け

◆昨日の概況
東京時間ドル/円は前日の安値水準からじり高推移となるも、全体的にこう着感の強い展開に。欧州勢がドル売りで参入すると、ドル/円は107.56円の高値後軟調な値動きとなり、昨日安値107.14円を下抜け7営業日ぶりに107円割れへ。クロス円はおおむねロンドン時間まで下落が限定的であったものの、NY時間ダウが米景気後退懸念を背景に軟調に推移すると、ユーロ/円が159円前後から158.13円まで急落、豪ドル/円も今週安値水準の98円手前まで売り込まれました。ドル/円は一時106.71円まで同日安値を更新しますが、金融保証会社(モノライン)大手の米アムバックの救済策が近日発表との報を受けて、ダウが引け際に前日比プラス圏へ一気に急騰したため、ドル/円・クロス円もつれ高となって下げ幅を縮小。ドル/円は107円台を突破して107.20円で取引を終了しました。またユーロ/円も159円前後まで戻し、オセアニア通貨も前日比プラス圏へ上昇して引けています。
 
ドル/円
30分足チャート
ユーロ/円
30分足チャート
豪ドル/円
30分足チャート
表示期間:2/21 19:30~2/23 06:00
 
【各通貨日足データ】2008-02-22(Fri)
 
          高値   安値   終値    前日比
 
ドル/円      107.56  106.71  107.20   -0.18
ユーロ/円     159.26  158.13  158.99   -0.07
ポンド/円     211.47  209.97  210.86   +0.12
豪ドル/円      99.14   98.06   98.96   +0.33
NZドル/円      86.81   85.69   86.64   +0.74
加ドル/円     106.32  104.98  105.88   -0.28
スイスフラン/円   98.85   98.26   98.79   +0.27
 
◆昨日発表の指標結果
指標・イベント 前回 予想 結果
【欧】2月製造業PMI速報値 52.8 52.3 52.3
【欧】2月サービス業PMI速報値 50.6 51.0 52.3
【欧】2月総合PMI速報値 51.8 51.5 52.7
【欧】12月製造業受注 +2.7% -1.1% -3.6%
【加】12月小売売上高 (+0.9%) +0.8% -0.4%
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

ロンドン時間はポンド独歩高、しかしNY時間フィリーの悪化で全面ドル安へ

◆昨日の概況
昨日は材料難から東京時間は値動きに乏しく、ドル/円は107.90-108.30円の狭いレンジでもみ合いに。一方株式市場は堅調で日経が370円高で取引を終えますが、クロス円はポンド/円を除くと小動きが継続。欧州序盤、仏大手銀行ソシエテ・ジェネラルの決算が発表されるも、市場予想の範囲内であったため特に市場の反応はなく、一方英1月小売売上高が市場予想を大幅に上回る強い結果を示すと、それまで堅調であったポンド/円がさらに上値を拡大し211円台へ急伸。ロンドン時間には4営業日ぶりの高値211.93円をつけました。ポンド/円上昇につれてユーロ/円もじり高となり1月30日高値159.47円を越えて159.56円まで上昇。ただドル/円は108円前半のレンジから抜け出すことはなく、予想通りとなった米新規失業保険申請件数にも反応薄でした。しかし米フィラデルフィア連銀景況指数(フィリー)が-24.0と、市場予想の-10.0および前回の-20.9を下回る大幅な悪化を示すと、米景気後退観測を強めた市場でドル売りが殺到。ドル/円は108円、107.50円のサポートラインを一気に破り、19日安値をわずかに下抜け107.14円を示現。ダウも下げ幅を100ドル以上に拡大するなど終始軟調な展開で、豪ドル/円が99.50円を突破しきれず、その後98円半ばまで下落した他、ポンド/円も210円台へ反落。しかしユーロ/円は1.48ドル台へ急騰したユーロ/ドルの影響で下落は限定的で、159円前後の水準を維持しました。
 
ドル/円
30分足チャート
ユーロ/円
30分足チャート
豪ドル/円
30分足チャート
表示期間:2/20 21:00~2/22 07:30
 
◆昨日発表の指標結果
指標・イベント 前回 予想 結果
【日】1月貿易収支(通関ベース)
(単位:円)
(+8749億) +82億 -793億
【英】1月小売売上高指数 (-0.2%) +0.3% +0.8%
【米】新規失業保険申請件数
(単位:件)
(35.8万) 34.9万 34.9万
【米】1月景気先行指数 -0.2% -0.1% -0.1%
【米】2月フィラデルフィア連銀景気指数 -20.9 -10.0 -24.0

 
◆本日予定の経済指標・イベント
本日は18:00に発表のユーロ圏製造業PMIや同サービスPMIなどが、景気減速懸念の強まるユーロ圏の指標として注目されています。
 
時間 指標・イベント 前回 予想
18:00 【欧】2月製造業PMI速報値 52.8 52.3
18:00 【欧】2月サービス業PMI速報値 50.6 50.2
18:00 【欧】2月総合PMI速報値 51.8 51.5
19:00 【欧】12月製造業受注 +2.7% -1.1%
22:30 【加】12月小売売上高 +0.7% +0.8%
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

クロス円は連日の下落も下値では旺盛な円売りに支えられ行って来いの展開

◆昨日の概況
昨日は東京時間からドル/円・クロス円とも軟調な値動きで、このところ堅調な豪ドル/円も利食いの売りに押される形でじり安で推移。日経が400円以上下落して引けるなどアジア株軟調のなか、ドル/円は夕方にかけての売りで107.50円付近まで下落。ユーロ/円も午前につけた159.24円から1円以上下げて158円前後へ急落しました。ただドル/円が107.50円前後で下げ渋ると、他の通貨でも円買いが一巡し反発へ。またBOE議事録で前回の利下げが8対1と利下げ派多数で決定されたことが明らかになると、英利下げ期待から欧州株が上昇。しかしロンドン時間に独金融機関の経営危機が報じられたことからユーロ/ドルが急落、ユーロ/円もつれ安となって158円を再度割り込み157.68円まで安値を更新。豪ドル/円も98.17円まで売り込まれ、他のクロス円にも円買いが波及しました。一方米1月消費者物価指数が若干の上振れを示したため、NY序盤ややドル買いが先行しドル/円が108円台へ。欧州株は大幅安となるもののNYダウが下げ渋ったためNY中盤にはクロス円が買い戻され、その後FOMC議事録で「景気悪化に対して利下げが適当」「利下げ実施でもインフレ圧力は高まらない公算」と利下げの継続が示唆されると上げ幅を拡大。ユーロ/円がNY終盤、東京時間につけた高値に並ぶ強い反発を示し、他のクロス円も概ね下落幅を取り戻す展開に。
 
ドル/円
30分足チャート
ユーロ/円
30分足チャート
豪ドル/円
30分足チャート
表示期間:2/19 17:00~2/21 08:30
 
【各通貨日足データ】2008-02-20(Wed)
 
          高値   安値   終値    前日比
 
ドル/円      108.35  107.46  108.08   +0.32
ユーロ/円     159.24  157.68  159.06   +0.39
ポンド/円     210.89  209.02  209.89   -0.05
豪ドル/円      99.42   98.17   99.24   +0.24
NZドル/円      86.38   85.18   86.19   +0.33
加ドル/円     106.83  105.71  106.70   +0.78
スイスフラン/円   98.65   97.89   98.28   -0.18
 
◆昨日の指標結果
指標・イベント 前回 予想 結果
【英】1月マネーサプライM4
(前年比)
+12.3% +11.8% +12.9%
【英】BOE議事録 - - -
【加】12月国際証券取扱高
(単位:加ドル)
(-48.98億) +15億 +12.41億
【加】1月景気先行指数 -0.1% 0.0% +0.2%
【米】1月消費者物価指数 (+0.4%) +0.3% +0.4%
【米】1月消費者物価コア指数 +0.2% +0.2% +0.3%
【米】1月住宅着工件数
(単位:件)
(100.4万) 101.0万 101.2万
【米】1月建設許可件数
(単位:件)
(108.0万) 104.0万 104.8万
【米】FOMC議事録(1/29・30分) - - -

 
◆本日予定される経済指標・イベント
米CPIやFOMC議事録など今週の主要な指標発表がすでに出尽くしているため、材料難から動きにくい展開が予想されます。ただ本日は英小売売上高の発表があるため、引き続きポンド/円の値動きに注意したい。NY時間はフィラデルフィア連銀景況指数が発表されます。先週NY連銀指数が予想外の悪化を示しているため、米景況感の行方を探る上で注目されます。
 
時間 指標・イベント 前回 予想
ソシエテ・ジェネラル決算発表
08:50 【日】1月貿易収支(通関ベース)
(単位:円)
+8779億 +209億
18:30 【英】1月小売売上高指数 -0.4% -0.1%
22:30 【米】新規失業保険申請件数
(単位:件)
34.8万 34.5万
24:00 【米】1月景気先行指数 -0.2% -0.1%
24:00 【米】2月フィラデルフィア連銀景気指数 -20.9 -10.0
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

英サブプライム問題が急速に台頭も、リスク回避の円高は加速せず

◆昨日の概況
昨日は東京時間午後からポンド/円を中心に、英銀行ノーザンロック国有化による信用収縮懸念を背景にリスク回避の動きが強まり、ドル/円もポンド/円につれ安となって107.19円まで安値を更新しました。ポンド/円も210円を割り込むと一時は208円台へ突っ込む場面も見られ、ユーロ/円は158.00-159.00円のレンジで乱高下するなどロンドン時間をピークに円高が進行。ただNY時間には株価の急反発を受けておおむね持ち直す展開に。一方オセアニア通貨は終始底堅い展開が続き、豪ドル/円は前回利上げの際、0.50%の利上げが検討されたことが議事録で明らかとなったため、早期追加利上げ期待を背景に東京時間に99.50円前後まで上昇、その後英国発の信用収縮懸念を受けて99円を割る場面があったものの、大きく崩れることなく99円前後の水準を維持しました。NY時間、ダウが寄り付きから100ドル高で始まるも、その後NY原油相場が史上最高値をつけたことが嫌気されNY終盤にかけてじり安に。ただ株安に連動性は薄れドル/円・クロス円の下落は限定的で、ポンド/円は210円を回復する場面も。しかし加ドル/円は卸売売上高の悪化や、落ち着いた水準を示した消費者物価指数を受けてカナダ銀行(BOC)の利下げ観測が強まり、105円台まで売り込まれ戻りも鈍い展開が続きました。
 
【各通貨日足4本値】2008-02-19(Tue)
 
          高値   安値   終値    前日比
 
ドル/円      108.27  107.19  107.76   -0.45
ユーロ/円     159.04  157.93  158.67   +0.06
ポンド/円     211.26  208.73  209.94   -1.33
豪ドル/円      99.53   98.56   99.00   +0.15
NZドル/円      86.40   85.61   85.86   -0.15
加ドル/円     107.46  105.65  105.92   -1.45
スイスフラン/円   98.50   97.96   98.46   +0.30
 
ドル/円
30分足チャート
ポンド/円
30分足チャート
豪ドル/円
30分足チャート
表示期間:2/18 08:00~2/20 08:00
 
◆昨日発表の指標結果
指標・イベント 前回 予想 結果
【欧】12月建設支出 -0.8% - -0.6%
【加】1月消費者物価指数 +0.1% -0.1% -0.2%
【加】12月卸売売上高 +0.3% -0.7% -2.9%

 
◆本日予定される経済指標・イベント
本日は米消費者物価指数(CPI)や住宅指標、FOMC議事録などの重要指標がNY時間に集中しており、米景気動向や来月FOMCでの利下げ幅などをにらんだ相場展開となりそうです。また最近はポンド/円主導の動きが続いているためBOE議事録も注目したい。
 
BNPパリバ決算発表 - -
14:00 【日】日銀金融政策決定会合議事要旨 - -
18:30 【英】1月マネーサプライM4
(前年比)
+12.3% +11.8%
18:30 【英】BOE議事録 - -
22:30 【加】12月国際証券取扱高
(単位:加ドル)
-44.40億 -
22:30 【加】1月景気先行指数 -0.1% 0.0%
22:30 【米】1月消費者物価指数 +0.3% +0.3%
22:30 【米】1月消費者物価コア指数 +0.2% +0.2%
22:30 【米】1月住宅着工件数
(単位:件)
100.6万 101.0万
22:30 【米】1月建設許可件数
(単位:件)
106.8万 104.0万
28:00 【米】FOMC議事録(1/29・30分) - -
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

2月18日週のテクニカルポイント

◆ドル/円
ドル/円は21日移動平均線を上回る展開が継続、RSIも50%水準を回復し上昇基調が継続か。107円を大きく割るまでは押し目買い戦略も、108.60円が重い場合戻り売りも検討。上昇ペースは緩やかであるため飛びつき買いは控えたい。

18日終値 108.21円

【 主な上値抵抗線(レジスタンス) 】

弱 109.50円(13週移動平均線)
中 109.00円(心理的節目の大台)
強 108.65円(114.65円→104.94円の38.2%戻し)
強 108.60円(先週高値)


【 主な下値支持線(サポートライン) 】

弱 107.50円(心理的な節目)
強 107.00円(21日移動平均線)
強 106.50-107.00円(1月23日安値起点の上昇トレンドライン)


◆ユーロ/円
159円手前まで一気に上値を拡大し、160円を射程圏内に。上値は1月30日高値159.47円の突破が焦点。また下落が157円台にとどまるなら上昇基調は維持されそう。

18日終値 158.61円

【 主な上値抵抗線 】

強 160.00円(心理的節目の大台)
中 158.90円(先週高値水準)
強 159.47円(1月30日高値)
強 159.40円(166.64円→152.09円の半値戻し、ボリンジャー上限)


【 主な下値支持線 】

中 157.60円(166.64円→152.09円の38.2%戻し)
弱 157.30円(先週13日以降の安値)
弱 157.00円(21日移動平均線)
中 154.70円(26週ボリンジャー下限)
強 155.00円(心理的節目の大台)


◆豪ドル/円
18日の上昇で90日移動平均線を突破、99円前後へ水準を切り上げてきた。100円の大台が今後のターゲットだが、RSIなどは徐々に過熱感を示している。100円手前では戻り売り圧力が強いと見られ、利食いのタイミングに気をつけたい。

18日終値 98.85円

【 主な上値抵抗線 】

強 101.00円(昨年高値→今年安値の61.8%戻し)
中 100.13円(昨年12月27日高値)
強 100.00円(心理的節目の大台)


【 主な下値支持線 】

中 98.70円(26週移動平均線)
中 98.00円(90日移動平均線)
弱 97.46円(2月5日高値)
中 96.00円(21日移動平均線)
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

米国休場でドル/円は小動きも、オセアニア通貨は堅調

◆昨日の概況
東京時間は英銀行ノーザンロックが一時国有化との報道を受け、朝方からやや円売り優勢でスタート。豪ドル/円が特に材料のないなか98円半ばへ急伸するなどオセアニア通貨がリードする形に。ドル/円はほぼ先週終値水準の107円後半で取引を開始し、一時108円をタッチする場面があったものの、その後伸び悩み108円手前でこう着。ポンド/円はノーザンロック報道を受けてじり高の推移が続いていましたが、欧州序盤にノーザンロックの株式取引を一時的に停止した措置が嫌気され市場でポンド売りが加速。ポンド/円が211円を割って210円半ばへ急落、ユーロ/ドルもつれ安となったことからユーロ/円も158円半ばで上げ渋る展開に。逆にドル/円は対欧州通貨でのドル買いを受けて夕方急伸し、108円台へ一気に上値を拡大。ロンドン序盤の値動きが収まるとドル/円は小動きとなり、NY時間米国がプレジデントデーで休場となったため108.00-108.30円の狭いレンジでもみ合いに。ただオセアニア通貨は海外時間も堅調を維持し、豪ドル/円が98円後半へじり高となった他、NZドル/円も1月11日以来の86円を一時示現。またこれまで上値の重かったユーロ/円もNY時間はやや堅調に転じ、朝方にかけて158.60円台へじり高で推移しました。
 
ドル/円 日足チャート ドル/円 30分足チャート
表示期間:2/16 05:00~2/19 07:00
 
【各通貨日足データ】2008-02-18(Mon)
 
          高値   安値   終値    前日比
ドル/円      108.30  107.74  108.21   +0.41
ユーロ/円     158.69  158.06  158.61   +0.38
ポンド/円     211.77  210.53  211.27   -0.06
豪ドル/円      98.87   97.73   98.85   +0.94
NZドル/円      86.04   85.10   86.01   +0.87
加ドル/円     107.55  106.77  107.37   +0.38
スイスフラン/円   98.70   97.91   98.16   -0.37
 
◆昨日の指標結果
指標・イベント 前回 予想 結果
《 米 : プレジデントデー 》      
【英】2月ライトムーブ住宅価格 -0.8% - +3.2%
【スイス】12月小売売上高
(前年比)
+2.9% +6.3% +1.2%

 
◆本日予定される経済指標・イベント
材料難の展開が引き続き続くと思われるが、豪ドルがこのところ金利差観測を背景に堅調な値動きであることから豪州準備銀行(RBA)議事録の内容に注目したい。
 
日付 時間 指標・イベント 前回 予想
2/19
(火)
バークレイズ決算発表 - -
09:30 【豪】2月RBA議事録 (09:30) - -
19:00 【欧】12月建設支出 -0.8% -
21:00 【加】1月消費者物価指数 +0.1% -0.1%
22:30 【加】12月卸売売上高 +0.3% +0.2%
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

来週はFOMC議事録や米CPIに注目

◆来週予定される指標発表・イベント
今週はドル/円が強い米指標を受けて108円を回復、また株高を受けてクロス円もユーロ/円を始め軒並み大幅高となりました。ただ週末に米景況感の悪化を示唆する指標が相次ぎ、ドル/円は結局107円後半へ押し戻されて引けとなりました。市場の米景気懸念はまだ根強いようです。来週は米消費者物価指数と住宅指標、そしてFOMC議事録などが注目され、引き続き米景気動向と株価をにらんだ展開が予想されます。特にそれらの重要指標が集中する20日は波乱含みとなりそうです。
 
日付 時間 指標・イベント 前回 予想
2/18
(月)
《 米 : プレジデントデー 》    
09:01 【英】2月ライトムーブ住宅価格 -0.8% -
17:15 【スイス】12月小売売上高
(前年比)
+2.9% +6.3%
2/19
(火)
バークレイズ決算発表 - -
19:00 【欧】12月建設支出 -0.8% -
21:00 【加】1月消費者物価指数 +0.1% -0.1%
22:30 【加】12月卸売売上高 +0.3% +0.2%
2/20
(水)
BNPパリバ決算発表 - -
14:00 【日】日銀金融政策決定会合議事要旨 - -
18:30 【英】1月マネーサプライM4
(前年比)
+12.3% +11.8%
18:30 【英】BOE議事録 - -
22:30 【加】12月国際証券取扱高
(単位:加ドル)
-44.40億 -
22:30 【加】1月景気先行指数 -0.1% 0.0%
22:30 【米】1月消費者物価指数 +0.3% +0.3%
22:30 【米】1月消費者物価コア指数 +0.2% +0.2%
22:30 【米】1月住宅着工件数
(単位:件)
100.6万 101.0万
22:30 【米】1月建設許可件数
(単位:件)
106.8万 104.0万
28:00 【米】FOMC議事録(1/29・30分) - -
2/21
(木)
ソシエテ・ジェネラル決算発表
08:50 【日】1月貿易収支(通関ベース)
(単位:円)
+8779億 +209億
18:30 【英】1月小売売上高指数 -0.4% -0.1%
22:30 【米】新規失業保険申請件数
(単位:件)
34.8万 34.5万
24:00 【米】1月景気先行指数 -0.2% -0.1%
24:00 【米】2月フィラデルフィア連銀景気指数 -20.9 -10.0
2/22
(金)
19:00 【欧】12月製造業受注 +2.7% -1.4%
22:30 【加】12月小売売上高 +0.7% +0.6%
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

昨日NY時間の概況

◆米指標悪化を受けてドル売りも米国三連休前であることからダウが下げ渋り、NY終盤にはドル/円・クロス円が買い戻しへ
 
昨日はNY連銀製造業景況指数やミシガン大学消費者信頼感指数がともに記録的な低水準となったことから、NY序盤はドル売りが優勢となり、ダウも軟調な地合いで推移。ただドル/円はNY連銀指数発表後に107.25円をつけた後は下げ渋り、107円後半へ戻してからは底堅い展開に。NY中盤以降ダウも米国三連休を控えて値動きが乏しくなり、ユーロ/円は引けにかけて158円台を回復。しかし夕方から軟調だったポンド/円は前日終値水準まで戻せず211円前半で引けとなり、加ドル/円もNY時間以降の下げがきつく、一時同日高値から2円以上安い水準まで売り込まれ、かろうじて107円前後へ戻して取引を終えています。
 
ドル/円
日足チャート
ドル/円
30分足チャート
30分チャート表示期間:2/15 05:00~2/16 06:00
 
【各通貨日足データ】2008-02-15(Fri)
          高値   安値   終値    前日比
ドル/円      108.30  107.25  107.80   -0.05
ユーロ/円     158.86  157.50  158.23   +0.31
ポンド/円     213.28  210.29  211.33   -1.01
豪ドル/円      98.32   96.93   97.91   +0.65
NZドル/円      85.55   84.51   85.14   +0.21
加ドル/円     108.95  106.41  106.99   -0.81
スイスフラン/円   98.78   98.16   98.53   +0.29
 
日足・週足チャートはこちらでご確認いただけます!
 
◆昨日の指標結果
指標・イベント 前回 予想 結果
【NZ】12月小売売上高指数 +2.0% +0.1% +0.1%
日銀金融政策決定会合 0.5% 0.5% 0.5%
【米】1月輸入物価指数 (-0.2%) +0.5% +1.7%
【米】2月NY連銀製造業景気指数 9.0 6.5 -11.7
【米】12月対米証券投資
(単位:ドル)
(+1508億) +735億 +604億
【米】2月ミシガン大学消費者信頼感
(速報値)
+78.4 76.0 69.6
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

2月15日(金) ロンドン時間は円買い戻しが優勢、NY時間の米指標に注目

◆東京時間~ロンドン時間
日銀は市場の予想通り政策金利を0.50%に据え置くことを決定。東京時間は週末要因から動意薄で、ドル/円は107円後半でもみ合いに。日経は始め前日のダウ反落を受けて下落して始まるも、引け際にプラス圏へ反発し、リスク警戒緩和を受けて為替市場でも徐々に円売りが優勢に。夕方に金融保証会社(モノライン)の救済観測が伝わると一気に上値追い機運が強まり、ユーロ/円が昨日高値を越えて158.70円台まで上昇、オセアニア通貨も強含みで推移しました。しかしポンド/円が軟調なポンド/ドルに引っ張られる形で211円台へ下落すると、他の通貨にも円買いが波及し、一時108円へ戻していたドル/円が再度107円後半へ下落する展開に。NY時間の注目材料ですが、NY連銀製造業景況指数は米景気後退懸念のもとでは景気先行指数として重視される傾向にあります。また対米証券投資は昨日発表された米貿易収支の赤字額を相殺できるかがポイントになります。
 
ドル/円
5分足チャート
ユーロ/円
5分足チャート
豪ドル/円
5分足チャート
表示期間:2/15 12:00~21:00
 
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

昨日NY時間の概況と本日の見通し

昨日バーナンキFRB議長は議会証言で「米景気の下向きリスクが強まった」と発言、また「銀行がサブプライム関連で一段の評価損を計上する可能性」を指摘し、全体的にハト派的な内容となりました。一部でタカ派的な発言が期待 されていたものの「インフレ期待は抑制されている」としてインフレ関連で目だった発言は特にありませんでした。FRB議長の経済について弱気な発言を受けてダウが大幅反落したため、NY時間はリスク回避の円買いが優勢となりドル/円が108円を割って107.70円台まで下落。ポンド/円も213.84円の高値から反落して212円前半へ下げた他、98円を示現していた豪ドル/円も97円前半へ押し戻される形に。一方ユーロ/円は157円後半へ下げるものの、バーナンキ発言を受けてユーロ/ドルが急伸したことや、ウェーバー独連銀総裁が「欧州中央銀行(ECB)は経済成長よりインフレを一段と懸念」とタカ派的な発言をしたことから下落幅は限定的でした。
 
ドル/円
日足チャート
ドル/円
30分足チャート
◆前日四本値データ
     始値  高値  安値  終値 前日比
 
USD/JPY 108.31 108.60 107.75 107.85 -0.46
EUR/JPY 157.85 158.46 157.31 157.92 +0.07
GBP/JPY 212.59 213.84 211.87 212.34 -0.25
AUD/JPY  97.06  98.10  96.82  97.26 +0.20
NZD/JPY  84.83  85.77  84.69  84.93 +0.10
CAD/JPY 108.61 108.90 107.75 107.80 -0.81
CHF/JPY  97.71  98.46  97.51  98.24 +0.53
 
◆本日の注目指標・イベント
東京時間は日銀政策金利発表と福井日銀総裁会見が予定されています。昨日のGDPが強い伸び率を示したことから総裁会見では景気の見通しに関する発言が注目されます。海外時間は対米証券投資の他に、12月以来低水準にとどまっているNY連銀製造業景況指数の動向にも注目でしょう。
 
2/15
(金)
【日】日銀金融政策決定会合(14日~) 0.50% 0.50%
06:45 【NZ】12月小売売上高指数 +2.0% -
15:30 【日】福井日銀総裁記者会見 - -
22:30 【米】1月輸入物価指数 0.0% +0.5%
22:30 【米】2月NY連銀製造業景気指数 9.0 6.5
23:00 【米】12月対米証券投資
(単位:ドル)
+909億 +735億
23:45 【米】2月ミシガン大学消費者信頼感(速報値) 78.4 77.3
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

2月14日(木)NY入り 米貿易収支にサプライズなし、FRB議長証言待ちか

NY入りに発表された米12月貿易収支は市場予想より赤字額を縮小するも、ドル買いは一時的にとどまりました。クロス円の動きも限定的で、この後24:00から始まるバーナンキFRB議長議会証言待ちのムードになっています。今回のテーマは「経済と金融市場について」。先月の急激な利下げ実施についての説明やインフレ警戒発言の有無などに注目が集まります。
 
◆本日の指標結果
 
指標・イベント 前回 予想 結果
【日】第4四半期GDP(速報値) (+0.3%) +0.4 +0.9%
【豪】1月新規雇用者数
(単位:万人)
+2.01 +1.50 +2.68
【豪】1月失業率 4.3% 4.3% 4.1%
【欧】第4四半期GDP(速報値) +0.8% +0.3% +0.4%
【米】新規失業保険申請件数
(単位:万件)
35.6 34.6 35.6
【米】12月貿易収支
(単位:ドル)
-631億 -610億 -588億
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

2月14日(木)ロンドン時間概況 クロス円続伸もドル/円はパッとせず

◆これまでの動き
 
本日海外時間もユーロ/円・豪ドル/円などクロス円主導の値動きとなりました。ユーロ/円が夕方158円へ乗せた他、ポンド/円が213円台へ上昇。豪ドル/円が98円手前まで堅調に推移しました。一方ドル/円は対円以外での幅広いドル売りを受けて上げ渋る展開に。
 
◆これまでに発表された主な指標
 
本日朝方発表された本邦第4四半期GDPは市場予想を大きく上回る結果となり、米景気減速の他国への伝播が懸念されるなか、日本経済は足元しっかりとしていることが示されました。独・ユーロ圏GDPはほぼ市場の予想通りとなったもの、いずれも前期から伸び率が減少しており、ユーロ圏の景気減速感を後退させる材料にはならず。一方豪1月失業率は過去最低水準へ低下し、雇用者も予想以上の増加となりました。雇用市場のひっ迫から豪州準備銀行(RBA)が今後も利上げ政策を継続する可能性は高いといえます。
ドル/円
5分チャート
ユーロ/円
5分チャート
豪ドル/円
5分チャート
表示期間:2/14 11:30~21:25
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

2月14日(木) 東京時間概況

東京時間は豪ドル/円が強い雇用統計を受けて上昇した他に目立った動きはなく、ドル/円は108円前半で小動きとなりました。本日はバーナンキFRB議長の上院議会証言が24:00に予定されているため、市場の様子見ムードが強い状況。ただ16:00から発表の独第4四半期GDPと19:00のユーロ圏GDPについては、先週の理事会でトリシェECB総裁がユーロ圏景気の減速懸念を示したことから下振れリスクを警戒する向きが強いようです。
 
ドル/円 30分足チャート ユーロ/円 30分足チャート 豪ドル/円 30分足チャート
表示期間:2/13 14:00~2/14 14:30
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

昨日NY時間の概況

◆昨日NY時間の概況
昨日は強い米小売売上高を受けてドル/円・クロス円が全面高の展開となり、ドル/円は108円を突破し1月半ば以降続いた持ち合い相場を上抜けしました。ダウも終盤まで強い地合いを維持し、ユーロ/円はNY序盤に急落したユーロ/ドルの影響も軽微で157円後半の高値水準で引けました。ただオセアニア通貨はいずれもロンドン時間以降の下げが響いて、12日高値へ戻すには至らず。
ドル/円 日足チャート ドル/円 30分足チャート

 
◆各通貨日足データ 2008-02-13(Wed)
          高値   安値   終値    前日比
 
ドル/円      108.36  106.98  108.31   +1.02
ユーロ/円     157.87  155.80  157.85   +1.39
ポンド/円     212.78  209.10  212.59   +2.34
豪ドル/円      97.17   96.05   97.06   +0.20
NZドル/円      84.98   83.90   84.83   +0.04
加ドル/円     108.67  106.83  108.61   +1.53
スイスフラン/円   97.73   97.03   97.71   +0.39

 
◆本日予定される指標発表・イベント
日付 時間 指標・イベント 前回 予想
2/14
(木)
08:50 【日】第4四半期GDP(速報値) +0.4% +0.4%
09:30 【豪】1月新規雇用者数
(単位:万人)
+2.1 +1.5
09:30 【豪】1月失業率 4.3% 4.3%
19:00 【欧】第4四半期GDP(速報値) +0.8% +0.4%
22:30 【米】新規失業保険申請件数
(単位:万件)
35.6 34.0
22:30 【米】12月貿易収支
(単位:ドル)
-631億 -610億
24:00 【米】バーナンキFRB議長上院議会証言 - -
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

NY入り強い米小売売上高を受けてドル/円108円をタッチ

NY入りは米小売売上高が+0.3%と市場予想の-0.3%を大きく上回ったことからドル/円が108円台へ急騰! 1月中旬以来のレンジ上抜けなるか?
 
指標・イベント 前回 予想 結果
【英】1月失業保険申請件数
(単位:万件)
(-0.87) -0.50 -1.08
【英】1月失業率 2.5% 2.5% 2.5%
【米】1月小売売上高
(自動車除く)
-0.4% +0.2% +0.3%
ドル/円
5分足チャート
ユーロ/円
5分足チャート
豪ドル/円
5分足チャート
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

2月13日(水) 東京時間~ロンドン時間概況

東京時間は軟調な値動きが続き、ドル/円が107円を一瞬割る場面も。また夕方からオセアニア通貨が大きく売り込まれ豪ドル/円は96円手前まで下落。しかしポンド/円が強い英失業率や、四半期インフレ報告で高インフレが残存との見解を受け211円台へ急伸。以降市場で円売りが加速しドル/円が107.60円台へ上昇、弱含みだったオセアニア通貨も下げ幅を大幅に縮小しました。この後22:30から米1月小売売上高の発表があります。前月比マイナスとなった前回からどれだけ改善を示すかがポイントに。
 
ドル/円
30分チャート
ポンド/円
30分チャート
豪ドル/円
30分チャート
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

昨日のNY時間の動き

◆昨日NY時間の動き
昨日NY時間、著名投資家が金融保証会社の債務引き受けとの報が伝えられ株価が上昇。ユーロ/円が156円を突破して先週5日以来の157円をタッチした他、ポンド/円が210円台へ上昇。ドル/円もクロス円の上昇に引っ張られ107.50円前後まで上昇しました。ただNY中盤以降株価が伸び悩むと上値追いも一服、引けにかけてやや軟調となりました。
 
ドル/円 日足チャート ドル/円 30分チャート
◆昨日の指標発表
英1月消費者物価指数の伸び率がやや市場予想を下回ったことに対し市場はポンド売りで反応、ポンド/円が一時1円以上急落しましたが、インフレ警戒は根強くその後大きく反発しました。また独2月ZEW景況指数は-39.5と市場予想と前回結果より改善を示しました。市場ではユーロ圏経済の先行きは思ったほど悪くないとの思惑からユーロ買いで反応。
 
◆主な要人発言
プール・セントルイス連銀総裁
「米景気後退リスクは以前よりも高まっている」
 
ボス・オランダ中銀総裁
「ユーロ圏のファンダメンタルズは良好も、短期的に経済の鈍化を見込む」
 
◆本日の予定
時間 指標・イベント 前回 予想
18:30 【英】1月失業保険申請件数
(単位:千件)
-6.4 -5.0
18:30 【英】1月失業率 -2.5% -
19:30 【英】BOE四半期インフレ報告 - -
22:30 【米】1月小売売上高
(自動車除く)
-0.4% +0.2%
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

2月12日(火) ロンドン時間概況

◆海外序盤概況
英消費者物価指数(CPI)は予想を若干下回り、ポンド/円は失望売りを受けて一時208円割れ。また独ZEW景況指数は予想より改善を示し、ややユーロ買いが優勢に。
ドル/円 5分チャート ポンド/円 5分チャート ユーロ/円 5分チャート

◆本日の指標結果
指標・イベント 前回 予想 結果
【英】1月消費者物価指数 +0.6% -0.6% -0.7%
【英】1月小売物価指数 +0.6% -0.5% -0.5%
【独】2月ZEW業況指数 -41.6 -45.0 -39.5
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

本日海外時間の注目指標

◆本日発表の注目指標
ロンドン時間は英消費者物価指数(CPI)と独ZEW景況指数に注目。特に英CPIは昨日強い結果となった生産者物価指数(PPI)を受けて上振れ期待が高まっているため、発表前後のポンド/円乱高下に注意したい。
 
日付 時間 指標・イベント 前回 予想
2/12
(火)
18:30 【英】1月消費者物価指数 +0.6% -0.6%
18:30 【英】1月小売物価指数 +0.6% -0.6%
19:00 【独】2月ZEW業況指数 -41.6 -43.5
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

昨日の為替市場トピック

昨日は豪州準備銀行(RBA)が四半期金融政策報告で、インフレ見通しの上方修正を行ったことから、RBAの利上げ観測が高まり豪ドル買いにつながりました。また英1月生産者物価指数(PPI)は予想を上回る結果となり、一時信用収縮の動きで円高が進行していたポンド/円が安値から反発するきっかけに。また市場予想を若干下回ったカナダ12月新築住宅価格指数への反応は限定的でした。
 
指標・イベント 前回 予想 結果
《 日 : 建国記念の日 》 - - -
【豪】RBA四半期報告 - - -
【英】12月貿易収支
(単位:ポンド)
-79.10億 -74.00億 -75.74億
【英】1月生産者物価指数 +0.4% +0.3% +0.8%
【加】12月新築住宅価格指数 +0.5% +0.3% +0.1%

 
◆昨日の主な要人発言
 
ボネロ・マルタ中銀総裁
「欧州経済減速の確固は材料ない」
 
ユンケル・ユーログループ議長
「2008年のユーロ圏の成長は1.8%を下回る」
 
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

2月11日欧州序盤、リスク回避の円買い強まる

◆ドル/円急落、106.50円の安値示現! 英紙で日本のサブプライム問題が次の火種との報道に反応か?
ドル/円30分足チャート


***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

来週2月11日週の見通し

◆ドル/円 1時間チャートと日足チャート

昨日はドル/円・クロス円とも小動き。ただドル/円は安値が107.13円と大台を維持し、上値余地を残しています。今後は持ち合い上限の107.90円突破が上値のポイントになってくるでしょう。
 
◆来週の見通し
今週は5日発表された米ISM非製造業景況指数の大幅な悪化をきっかけに、リスク回避の円買いが急加速しユーロ/円が158円台から4円近く下落、他のクロス円も軒並み大幅安となりました。しかし7日NY時間に突如巻き起こったドル買いによって、安値から概ね切り返す展開となり一段の円高は回避されています。ただ各通貨の反発幅はまちまちで、ドル/円が107円台へ反発し行って来いとなったのに対し、欧州中央銀行(ECB)のハト派路線への歩み寄りを受けて対ドルで大きく売られたユーロ/円は156円手前で上げ渋る展開に。しかしオセアニア通貨、特にNZドル/円は高金利選好の買い圧力から、急落前の85円へ戻す場面がありました。来週は14日のバーナンキFRB議長議会証言がもっとも注目され、米景気の下振れリスクに対する見解などが焦点になります。また欧州系金融機関の決算発表も今週のドイツ銀行に続いていくつか予定されており、リスク回避の動きに依然として警戒がいると思われます。米指標のなかでは前回大きく下振れた米小売売上高や米貿易収支などが注目で、ISM非製造業後に一段と悪化した米景況感の行方を探る展開が予想されています。
 
◆来週の指標およびイベント
日付 時間 指標・イベント 前回 予想
2/11
(月)
《 日 : 建国記念の日 》    
09:30 【豪】2月RBA月報 - -
18:30 【英】12月貿易収支
(単位:ポンド)
-73.77億 -74.00億
18:30 【英】1月生産者物価指数 +0.4% +0.3%
22:30 【加】12月新築住宅価格指数 +0.5% 0.3%
2/12
(火)
18:30 【英】1月消費者物価指数 +0.6% -0.6%
18:30 【英】1月小売物価指数 +0.6% -0.6%
19:00 【独】2月ZEW業況指数 -41.6 -43.5
2/13
(水)
06:45 【NZ】第4四半期生産者物価指数 +1.6% -
18:30 【英】1月失業保険申請件数
(単位:千件)
-6.4 -5.0
18:30 【英】1月失業率 -2.5% -
19:30 【英】BOE四半期インフレ報告 - -
22:30 【米】1月小売売上高
(自動車除く)
-0.4% +0.2%
2/14
(木)
08:50 【日】第4四半期GDP(速報値) +0.4% +0.4%
09:30 【豪】1月新規雇用者数
(単位:万人)
+2.1 +1.5
09:30 【豪】1月失業率 4.3% 4.3%
19:00 【欧】第4四半期GDP(速報値) +0.8% +0.4%
22:30 【米】新規失業保険申請件数
(単位:万件)
35.6 34.0
22:30 【米】12月貿易収支
(単位:ドル)
-631億 -610億
24:00 【米】バーナンキFRB議長上院議会証言 - -
2/15
(金)
【日】日銀金融政策決定会合(14日~) 0.50% 0.50%
06:45 【NZ】12月小売売上高指数 +2.0% -
15:30 【日】福井日銀総裁記者会見 - -
22:30 【米】1月輸入物価指数 0.0% +0.5%
22:30 【米】2月NY連銀製造業景気指数 9.0 7.5
23:00 【米】12月対米証券投資
(単位:ドル)
+909億 +690億
23:45 【米】2月ミシガン大学消費者信頼感(速報値) 78.4 77.3
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

昨日の為替市場トピック

本邦12月機械受注は前月比データが、前月分および市場予想より弱い結果に。為替市場への影響は限定的でしたが、日経は機械受注を受けて前日のダウ反発にもかかわらず下落して始まりました。スイス1月消費者物価指数(CPI)は予想を上回るも特に材料視されず。米重要指標不在のなかでカナダ1月雇用者数と同失業率がいずれも強い結果となったため加ドルが対ドル・対円で上昇。加ドル/円を107円台へ押し上げる原動力に。またG7を控えて、特に金融当局サイドから目立った発言は見られませんでした。
 
指標・イベント 前回 予想 結果
【日】12月機械受注 -2.8% -0.9% -3.2%
【日】12月機械受注
(前年比)
+0.9% -1.0% -3.3%
【スイス】1月消費者物価指数 +0.2% -0.5% -0.3%
【独】12月貿易収支
(単位:ユーロ)
(+195億) +168億 +108億
【独】12月経常収支
(単位:ユーロ)
(+193億) +170億 +159億
【独】12月鉱工業生産 (-0.3%) +1.0% +0.8%
【加】1月雇用者数 -1.87万人 +1.00万人 4.64万人
【加】1月失業率 5.9% 6.0% 5.8%
【加】1月住宅着工件数 (18.47万件) 20.00万件 22.27万件
【米】12月卸売在庫 (+0.8%) +0.3% +1.1%

 
◆主な要人発言
 
ユンケル・ルクセンブルク財務相
「G7の主要議題は経済と通貨」
 
ゴンザレス・パラモECB専務理事
「前日のECB据え置きは物価上昇リスクを反映」
 
OPEC(石油輸出国機構)専務理事
「原油価格の表示をドル建てからユーロ建てに変更の可能性も」
 
◆各通貨日足4本値 2008-02-08(Fri)
 
          高値   安値   終値    前日比
 
ドル/円      107.71  107.13  107.34   -0.13
ユーロ/円     156.15  155.02  155.76   +0.09
ポンド/円     209.86  208.03  208.81   +0.10
豪ドル/円      96.60   95.60   96.05   -0.06
NZドル/円      85.06   84.04   84.52   -0.20
加ドル/円     108.00  106.07  107.33   +0.83
スイスフラン/円   97.46   96.99   97.37   +0.06

 
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

 | HOME |  »»NEXT

FC2Ad

文字サイズ変更 

FXについてのご質問・ご相談等ございましたらお気軽にお電話ください。
24時間電話受付
0120-789-916 お問い合わせ

プロフィール

ai明治FX市場部スタッフ

アイ明治エフエックス

日々変動する為替市場の情報をブログ形式でお届けします。

ai 明治FX

カレンダー

02 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QR

RSSフィード

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ポプログ人気fxブログランキング
ブログランキング【くつろぐ】

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。