ai明治FX HOME会社情報個人情報と規定リスクについてサイトマップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

3月12日(木)海外市場 欧州通貨主導で全面円高、米小売に注目

本日12日木曜日は昨日大幅高となった日経・アジア株が急速に調整し、逃避通貨として再び円需要が高まるなか、ドル/円が2月24日以来の96円割れを示現。一方ユーロ/円も122円台へ2円超下落し、クロス円も軒並み値崩れ状況になりました。海外時間も欧州株が下落して始まったため円高水準の推移が続いています。
午前発表された第4四半期GDP改定値が、前回速報値と市場予想をいずれも上回る強い結果となり、主要国で最悪のペースで進行する日本の経済収縮への懸念が緩和したことも円の買い戻しを促しており、加えて株価が昨日の反発以降伸び悩み、日経を始めアジア・欧州と主要株価が下落に転じていることが重石になっています。

ドル/円は今週にかけて心理的な節目の100円を突破できず、調整売りを受けてこの日95円台へ急落しました。1月21日以来続いた上昇トレンドに一巡感が出ていることから、目先は重要な節目の95円を試す動きが予想されます。しかし同水準は昨年12月以来のレンジ上限で強い支持帯になりやすく、1/21~3/5の上昇局面に対する下げのメドが94.85円(38.2%押し水準)であることから95円割れ水準では下値が支えられやすいといえます。
ただし来週17-18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、米当局が金融安定と経済支援のため、長期国債買い入れによる量的緩和を一層促進させるとの見方が強まっているため、来週のFOMCを前後して広範なドル売りがもたらされる可能性があります。実際に英当局による量的緩和導入後、急速にポンド安が進行しているように、米当局の量的緩和政策が結果的にドル安誘導となることに注意が必要です。

株価への連動性が再び高まるなかで値崩れ商状が続くクロス円相場は、今夜の米小売売上高の発表が注目材料。米失業率が8%台へ上昇し個人消費の一段の冷え込みが予想されるなか、市場では前回の前月比+1.0%からマイナスへ転じると見られ、特に株価への影響が懸念されます。ただしユーロ/円はテクニカル的な節目が121.70-80円に、豪ドル/円も61.00-20円が強い支持帯となっており、この水準で支えられるかがポイントになります。また本日131.46円の安値を示現し下落の止まらないポンド/円は、直近高安値の半値押し水準130.20円が目先の下値ターゲットであり、130円をも下割れすると127円台へ一段安の展開も想定され、依然下落リスクが意識されます。
スポンサーサイト
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aimeijifx.blog123.fc2.com/tb.php/392-266078c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

文字サイズ変更 

FXについてのご質問・ご相談等ございましたらお気軽にお電話ください。
24時間電話受付
0120-789-916 お問い合わせ

プロフィール

ai明治FX市場部スタッフ

アイ明治エフエックス

日々変動する為替市場の情報をブログ形式でお届けします。

ai 明治FX

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QR

RSSフィード

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ポプログ人気fxブログランキング
ブログランキング【くつろぐ】

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。