ai明治FX HOME会社情報個人情報と規定リスクについてサイトマップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

3月18日(水)海外市場 FOMC前に警戒感強く円安余地は限定か

本日18日は米連邦公開市場委員会(FOMC)の政策決定を前に取引を手控えるムードが強まり、東京市場から海外序盤にかけてドル/円が98円半ばを軸とした小動きで推移。クロス円も朝方ユーロ/円が年初来高値128.79円を示現するなど一部で円売りが見られましたが、一度は8000円に乗せた日経が午後にかけ伸び悩むなかこう着状況が続きました。ロンドン市場に入ると英中銀が公表した前回会合分の議事録で0.50%の利下げと量的緩和の導入が全会一致で決定したことが明らかとなった他、英2月失業者数が10万超となったことが嫌気され、ポンド/円が136.60円へ急落する場面がありました。ただしドル/円や他のクロス円はポンド/円に連動せず、もみ合いが継続しています。

日銀はこの日、金融政策決定会合にて政策金利を現行の0.10%に据え置いた他、長期国債買い入れ額の増額を発表しました。しかし市場の反応は目立たず、為替市場でも量的緩和を受けた円売りは限られました。続いて今夜(日本時間19日午前3:15)はFOMCの政策発表が予定されていますが、量的緩和の一環で米当局も米長期国債買い入れを開始するとの見方が大勢を占めています。長期金利低下によりドル安に一層拍車がかかるとの見通しもあり、特に1.30ドルを超えてきた対ユーロ相場(ユーロ/ドル)に注目したいところ。

その一方、ウォール・ストリート・ジャーナル紙でFRBが長期国債買い入れを見合わせる可能性が報じられており、今回量的緩和が実施されない場合、最近の伸びが急激であった日経・NYダウなど主要株価が、リスク回避へ転じる可能性も考えられ、発表前後は波乱が予想されます。また早ければ明日19日に米政府が金融機関の不良債権買い取り案について改めて発表すると見られていますが、先月の発表時はその不十分な内容に失望して株安・円高へ振れた場面があったため、市場の警戒感が高く、目先は株高・円安余地が限定されてくるかもしれません。
スポンサーサイト
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aimeijifx.blog123.fc2.com/tb.php/395-a3f4ed6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

文字サイズ変更 

FXについてのご質問・ご相談等ございましたらお気軽にお電話ください。
24時間電話受付
0120-789-916 お問い合わせ

プロフィール

ai明治FX市場部スタッフ

アイ明治エフエックス

日々変動する為替市場の情報をブログ形式でお届けします。

ai 明治FX

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QR

RSSフィード

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ポプログ人気fxブログランキング
ブログランキング【くつろぐ】

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。