ai明治FX HOME会社情報個人情報と規定リスクについてサイトマップ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

3月19日(金)海外市場 ドル/円下値試し継続もクロス円は底堅い

昨日18日米連邦公開市場委員会(FOMC)は、政策金利の据え置き(0.00-0.25%のレンジ)とともに、3000億ドル(約29兆円)の米長期国債買い入れを決定し、その他に住宅ローン担保証券(ABS)などの購入も合わせると1兆ドル超の資金供給を実施しました。米長期国債購入によって長期金利の上昇を抑え、民間の資金調達を促進させる狙いがあり、実際に米10年国債利回りは昨日3.00%付近から2.50%へ急低下しました。しかし市場ではFOMCが量的緩和を見合わせるとの見方も出ていたため、発表後ドルが主要通貨に対し急落。特にユーロ/ドルが1.30ドル付近から1.35ドル台へ暴騰した他、ドル/円が98円前後から本日19日にかけて95円前半へ大幅下落しました。

日・英・スイスそして米国と主要国のほとんどが量的緩和政策実施へ舵取りするなか、ユーロ圏は前回の会合で量的緩和導入について議論された経緯があり、追加利下げ観測も根強いですが、現状ではECBがゼロ金利政策へ移行する可能性が低く、量的緩和を実施したドル・ポンド・スイスフラン・円などに対してユーロは相対的に買われやすい状況といえます。ユーロ/円は昨年12月18日以来の130円台を一時回復しました。本邦3連休を前にユーロ/円のポジション調整が強まる可能性があるものの、下値も2月下旬から先週後半まで続いたレンジ上限126.00-50円が強いサポートになり、同水準を下回らない限りレンジ上限水準を試す流れが予想されます。しかしドル/円は米長期国債利回りの先安感が今後もドルの上値を抑えると見られ、週末にかけて手がかりにかけるものの95円割れに注意したい。

株式市場は昨日のNYダウがFOMCの決定を好感して90ドル高で引けましたが、足元では公的資金を注入した米保険大手AIGの幹部に多額のボーナスが支払われたことへの反発が米国民のあいだで高まり、それを阻止できなかったガイトナー米財務長官への批判が相次ぎ、辞任のウワサが飛び交う場面がありました。一連の騒動は、公的資金注入を軸に金融安定化を目指す米政府にとって、その進捗に影響を及ぼす公算が高く、金融安定化と景気回復への道のりが遠のくとの思惑が高まれば、リスク回避の株安・円高へ一転するリスクがあります。クロス円相場は目下底堅さを維持しているものの、ドル/円の下落や株価の伸び悩みが上値を抑えやすく、目先高値圏でもみ合う展開が予想されます。
スポンサーサイト
***ランキングにご協力いただけるとありがたいです!!***
ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aimeijifx.blog123.fc2.com/tb.php/396-08453c04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

文字サイズ変更 

FXについてのご質問・ご相談等ございましたらお気軽にお電話ください。
24時間電話受付
0120-789-916 お問い合わせ

プロフィール

ai明治FX市場部スタッフ

アイ明治エフエックス

日々変動する為替市場の情報をブログ形式でお届けします。

ai 明治FX

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

QRコード

QR

RSSフィード

 RSSリーダーで購読する

ブログ内検索

ブログランキング

FC2ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ポプログ人気fxブログランキング
ブログランキング【くつろぐ】

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。